育成牧場_地方馬編

white house beside grass field

新参者の世界に対して厳しい競馬社会、それでもサラブレッドオークションができたり、競馬の新馬のセリも活発にできたりしてなんとか新米馬主でも馬を預けられるようになってきたとは思います。

自分が馬を購入した際にはほんとに色々な方に助けて頂いて感謝しています。ただ自分で育成牧場を調べてみようと思って調べてみるとほんとに情報がありません。情報を掲載しているのは、やはり資本量で上回る基本的に中央馬の休養馬を預かる牧場、あとはコンサイナー事業を主体としている牧場です。地方馬を預かってくれそうな育成牧場が見つからずにほんとに困惑しました。

ビッグダディオーナーズで預けている牧場は色々と思うところがあり、確かに安いんですがもう少し他のところはないかと探したのですが、どうやって探したら良いのか正直結構困りましたので、そういった方に向けての情報を残して置こうと思います。

参考になったサイトについて

参考になったサイトはほとんどありませんが、唯一参考になったサイトを紹介しておきます。

BOKUJOB:牧場の就業支援を中心とするサイトです。

本サイトは、『強い馬づくりは、まず優秀な人づくりから』という基本理念のもと、競走馬の生産・育成牧場への優秀な人材の就業促進を主な目的としながら、今後の軽種馬産業界の更なる発展に貢献するため、牧場就業促進事務局、の運営のもと、求人募集牧場・牧場で働く就業者の紹介等を中心に最新の情報を公開することも目的としています

上記の通り本来は目的が違うのですが、多くの育成牧場が求人を出しています。求人情報であるため、もちろん牧場の内容も掲載されていますので、コンサイナーのみを主たる業務としている牧場、生産牧場等を調べることが可能です。実際にこのサイトに掲載されている連絡先を利用しまして、いくつかの牧場に問い合わせてみましたが、どこもちゃんと返事をいただくことができました。

本来の使い方とは異なるのですが、このサイトが最も多くの育成・休養牧場を網羅してくれていると思います。もちろんビッグダディオーナーズが利用しているような牧場は掲載されていなかったりもしますので、全部が全部掲載されている訳ではないと思いますが、ほんとになんの知識もない自分にとっては大変助かりました。

知りうる限りの地方馬を預けることが可能な育成牧場について

まだ共有馬を除き、一頭も預けたことはないですが何個か地方馬でも預けれそうな値段感の育成牧場を探しましたので共有しておきます。実際に預けた訳ではありませんので、施設や腕の良しあしについては自身でお確かめいただくようお願いします。

1.STウィンファーム

これから預けようと思っている育成牧場です。施設はそこまでそろっていないものの、コンサイナー業務もやっていることから預託することにしました。コンサイナー業務を実施しているということは、一定程度腕に自信があるということですから。頼りにしています。

2.下河辺トレーニングセンター

南関に入れる馬を持つことができたなら、休養はここがいいかなと思っています。地方馬にとっては採算ぎりぎりのラインだと思いますが、南関でそこそこ稼げる馬であれば頼りになる育成牧場ではないかと思っています。是非この牧場に預けるような水準の馬を持ちたいものです。

3.高木競走馬育成牧場

一時期DMMバヌーシーの馬を預かっていた(今もかもしれません)おかげで、Youtubeで牧場の実際の様子を事細かに見ることができます。預託料もHP上で公開されていますが、関東にあるにも関わらず良心的な水準ではないかと思います。南関東に預けるケースがあればお願いしようかと思っています。

4.矢沼ステーブル

よくビッグダディオーナーズの馬が休養で行くところです。旧高崎競馬場を利用して作られた境町共同トレーニングセンターを利用して作られています。確かに旧競馬場ということもあって、敷地はそこそこあると思うんですが、北海道の各所にある共同トレーニングセンターと比較すると施設的に劣後している感は否めません。もう少し機材等に投資できればいいんでしょうが、なかなか難しいんでしょうね。ただその分値段は安価だと思います。

5. ナルタ牧場

乗馬クラブも併設されているようですが、ゲート、ウォーキングマシーン、短いながらも坂路と育成牧場として必要な一通りの施設がそろっています。ここもおそらく安価な水準だと想定されますので、地方馬で休養が必要な場合にはいいかもしれません。

まとめ

多分調べればもっと全然あると思うんですが、自分が調べた限りではこれくらいでした。もっと他にも良い牧場があると思うんですが、良い牧場は馬房も一杯でしょうから人手不足で求人を出してくれている牧場しか知るすべがないですよね。

是非上記のサイトやほんとに知らない方は上記の牧場に連絡されてみても良いかと思います。

ちなみにこのページを記載している2020年9月時点ではどのHPのリンクもhttpsではなく、httpでした。通常の一般的な企業サイトで未だにhttpサイトを利用している会社はありませんので、是非httpsに移行されればよいのではないかと。。レンタルサーバーによるのかもしれませんが、自分でやれば費用もかからないですしね。こういうところを見てもまだまだ閉鎖的な部分が残っているなーと痛感しました。(すでに移行されている牧場があればごめんないさい)

是非お勧めの牧場がありましたら、コメントに残していっていただけると感謝感激です。このページをもっと充実させていって、新米馬主のハードルを下げられるようにしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です