地方競馬の預託料内訳

あまり書いている人がいないところを見ると、箝口令でも敷かれているのかと思ってしまいますが、一回書いてみようと思います。誰かが書いてくれないと知る術がないと思うので。というかむしろガラス張りにすればいいのにと思ってもいますが。そちらの方が競馬業界全体としてウインウインではないかと思います。書いてまずければご連絡ください、迷惑をかける気は全くありませんのですぐに消します。

大井の預託料の標準フォーマットでは以下の通りに定められているようです。(厳密には東京都トレーナー倶楽部預託料協定用紙に記載があります)

①預託料
②人件費
③出張手当
④消費税
⑤立替金

②の人件費が厩務員のみの人件費とすると、厩舎経営は厳しいですね。。預託料しか上乗せ部分がないとすると、預託料部分は大したことないです。

初めて内訳を見せてもらえたんですが(社台オーナーズは厩舎の請求の添付はなかったような気がするので)、思ったより立替金の値段って高いんですね。預託料とか人件費の部分は公開すると怒られる?かもしれませんが、立替金は良いでしょう。

立替金でかかっているお金①:蹄鉄代→月23千円

ま、これは毎日履いているものですし、これがないと馬は走れないからしょうがないでしょうね。次!

立替金でかかっているお金②:治療代→一回3万円弱

高い!人が病院に行くより全然高いですよね、、保険なしでも1回の治療は1万円くらいだと思うんですが。獣医を雇っている厩舎だとその分安かったりするんでしょうかね?獣医もうけ過ぎじゃないでしょうか。。もっと獣医増えてください。

立替金でかかっているお金③:特殊飼料→1回?3万円程度

多分普段の餌代は①の預託料に含まれているんでしょうが、特殊飼料は別途栄養価が高い餌なんでしょうか。そう考えると預託料に入っている餌代って草のみ?なんでしょうね。結構いいもの食べますが、食べて走ってくれれば文句ないです。

立替金とかをじっくりと見て思ったんですが、こういった特殊飼料を馬主が全部負担するの難しいですよね。良いものを食べさせれば結果が出るのであれば、もっといいものを食べさせて欲しいですが、そういった判断は正直素人なのでわかりません。そこは調教師の方との信頼関係になるかもしれないですが、信頼関係だけだとどうしても適当になってしまう部分があるんじゃないかと思うんですよね。いくら仕事といえど、厩舎には何頭もいるんでしょうし。(しかし前の馬が豪勢な餌ばっかり食べてたら、馬は嫉妬するんでしょうか(笑))

なので個人的には賞金の厩舎取り分を上げて、その分立替金とか預託料(厩務員人件費の部分は除いて)を7割負担とかにして欲しいと思ったりします。完全に個人保有の馬を持てれば、そういったことを預託の際に提案してみたいですが、提案に賛同してくれる調教師方もしいらっしゃれば是非連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です