南関東(大井、船橋、川崎、浦和)のクラス別(格付別)実力_JRAと比較

地方競馬の最高峰、南関東のクラス別の実力がどの程度か気になりませんか?地方競馬はクラスが細かく分かれていますので、クラス別の実力も僅差と思いがちですが、意外と差があります。その差をJRAからの転籍馬を利用して明らかにしていきたいと思います。

なお南関東の格付方法はこちらの記事をご覧ください。

結論:C2はJRA未勝利程度だが、C1は1勝クラスと互角、B3クラスは1勝クラスよりも上

JRAの未勝利クラスからの転籍初戦の成績は以下の表の通りになっています。

見てもらえればわかる通り、C2クラスまでは未勝利馬が圧倒的に優位といっても過言ではない状況ですが、C1クラスになると一気に成績が落ちます。B3クラスは言わずもがなですね。

これは実際に共有馬を持っていた際にも感じました。C2クラスまでは、たまにJRAからの転籍で強い馬が出てこない限りは相当弱いメンバーで組まれることもあるのですが、C1クラスになると大抵そこそこ強い馬が出てきます。

さすが地方最高の舞台と思いますね。次に1勝クラスの馬は下表の通りです。

C1クラスでは未勝利よりは優位にたっていますが、未勝利馬がC2クラスで見せていた優位性はありません。B3クラスになると未勝利馬と同様の苦戦度合いとなっています。南関に入れる馬は1勝クラスでもどこかに見どころがある馬だと思うんですが、それでもこの程度となっています。

南関東4場内では思っているより実力差はない

南関東4場(大井、船橋、川崎、浦和)内の格付けは同一ですが、浦和だけは弱いのではないかと正直思っていました。しかしJRA未勝利からの転籍馬の成績を見る限り、下位クラスではほとんど差はない感でしょうか。

唯一C1クラスに差は出ていますので、上位クラスになればなるほど差が出てくるのかもしれません。

転籍馬は次走で巻き返すケースは少ない

下記の表は転籍馬の次走成績ですが、初戦着外であった馬が次走で巻き返すケースはほとんどありません。これは弱小馬主にとっては残酷な事実ですね。

逆に各クラス着以内に入ってくれる等の好勝負をしてくれた馬であれば、自走も相当有望です。特にC1を勝利の後B3クラスでも3着以内に入っている馬の割合も極めて高いです。C1クラスに転籍してすぐに勝ち負けできる馬であれば、B3クラスでも十分に勝負になるというのは嬉しいですね。B3クラスになれば賞金は跳ね上がりますから。

馬主として南関に入厩させるとすればC2クラスに出走可能な馬

上記の結果を見ている限り、C2クラスに出走可能な馬を入れればリスクは少ないと考えられます。C2クラスの1着賞金は100万以上ありますので、仮に連続勝利してくれれば100万×2×80%の160万獲得することができます。(南関東の賞金水準はこの記事をご覧ください)

もちろんこの他にも出走手当がありますが、それは預託料にあたるとすると、馬代金の回収を一気に図ることができます。

ただC2クラスに出走可能となると、3歳夏~秋の特例利用しかないかなと思いますし、その時の賞金を持っている馬ってサラブレッドオークションで高くなりがちなんですが。みなさんよくご存じということですね。こういう情報もおそらく関係者ならこうやってデータで見ずともわかっているんでしょうが、新米の弱小馬主にはなかなか厳しい世界だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です