種牡馬による特徴

サラブレッドオークションで落札される種牡馬による特徴はあるでしょうか?

中央でスピードが足りなかった馬が地方に行ってパワーにものを言わせる、

そんなイメージがありますよね。

2014年のサラブレッドオークションの頭数が150頭と限定的ですので、

そこまで傾向が出ないのではないかと思ったのですが、意外と傾向がでましたので、

発表してみたいと思います。

 

〇好成績な種牡馬

好成績な種牡馬は、言われてみるとなるほど、と思う種牡馬ですね。

では栄えある第1位は、クロフネです!

サラブレッドオークションに上場された5頭中、4頭が獲得利益(獲得賞金ー落札価格)100万超です。

率にして80%素晴らしい成績ですね。さすが2016年地方競馬リーディングサイアー4位です。

 

2位は、ゼンノロブロイです!

サラブレッドオークションに上場された6頭中、3頭が獲得利益(獲得賞金ー落札価格)100万超です。

率にして50%です。2016年地方競馬リーディングは15位なんですが、重賞AEIが0.19と極めて低いので

下位条件ならばもう少しリーディング上位の力を持っているのかもしれません。

 

3位はシンボリクリスエスです!藤澤厩舎の2頭がこんなところで並ぶんですね。

傾向もゼンノロブロイにそっくりです。

サラブレッドオークションに上場された7頭中、3頭が獲得利益(獲得賞金ー落札価格)100万超です。

率にして40%程度です。2016年地方競馬リーディングは14位なんですが、重賞AEIが0.17と低いんです。

確かにシンボリクリスエス産駒は馬格がある馬も多く、地方競馬向きなのかもしれません。

 

他方で下位ランクの種牡馬です。1頭の種牡馬も多かったので3頭以上落札された種牡馬に限定しました。

凄く面白いデータだと思います。

 

〇成績が振るわない種牡馬

Worst1位:なんとディープインパクトです

JRAリーディングをひた走るディープインパクトがまさかの最下位・・。

7頭が落札され獲得利益100万超の馬はゼロです。

確かに地方リーディングは42位と下位ですが、一応AEIは1.03と1は超えているんですが。

やはり小さめで中央ダートでも活躍馬が少ない種牡馬は嫌ったほうがいいのかもしれません。

ディープインパクトをもってしても今一つなので。

 

ブービーの種牡馬はチチカステナンゴです。が、チチカステナンゴは他界していることもあり飛ばします。

Worst3位:キングカメハメハです

5頭が落札され獲得利益100万超の馬はゼロです。

地方競馬リーディングでも5位と上位につけており、ホッコータルマエ等のダート活躍馬も次々と排出しているのに。

馬体重が小さい馬がそろっていたわけでもないです。

母集団が小さいので変に偏ってしまったこともあるのかもしれないですが、、、難しいですね。