サラブレッドオークション結果(2017/2)

サラブレッドオークション開催結果の2017年2月分を掲載したいと思います。ついに明日サラブレッドオークション開催です!スーパー未勝利で勝ち上がれなかった馬達が出てきますので、今月・来月初旬までが一番の仕入時です。分散して安くなるとかがないんですよね、世の中にはお金持っている人がたくさんいるんだということをつくづく実感します。馬主会のピラミッドでは間違いなく最下位でしょうしね、私の資力。。レバレッジかけたいです!では2017年2月開催分、行きましょう。

日付 馬名 血統 値段
2017/2/2 エイシンスリーエス シンボリクリスエス×ヒューストンガール 930,000
2017/2/2 スコルツェッテ ハービンジャー×ドルチェリモーネ 950,000
2017/2/2 ハッピープリティー トワイニング×リトルブレッシング 1,150,000
2017/2/2 ブライトウェイ ファスリエフ×ライトザキャンドル 710,000
2017/2/2 マルマロス バブルガムフェロー×オグリクェスチョン 1,670,000
2017/2/2 カントリーウォーク ティンバーカントリー×ヒーリングヴォイス 870,000
2017/2/2 ウマインボルト タイキシャトル×マイカ 810,000
2017/2/2 エイエンノウソ ハーツクライ×クレタパラドックス 740,000
2017/2/2 クライオブジョイ ハーツクライ×レディマールボロ 580,000
2017/2/2 ニューフェイス ルーラーシップ×ラインクリスタル 640,000
2017/2/2 マイネルヴィレ ネオユニヴァース×ホワイトウォーター 970,000
2017/2/2 モーニングニュース エンパイアメーカー×ファーストナイト 550,000
2017/2/2 レルネンクルース マツリダゴッホ×オースミエルフ 400,000
2017/2/9 ロゼッティローズ シンボリクリスエス×グランオマージュ 590,000
2017/2/9 フェスティヴファー ロージズインメイ×フェスティヴマロン 870,000
2017/2/9 コスモアクイラ タイムパラドックス×ショウナンアクシア 620,000
2017/2/9 ミスターベアー ゴールドアリュール×セレスラッシュ 630,000
2017/2/9 モモヒメ サクラプレジデント×フェスティヴモモ 590,000
2017/2/9 スマートエビデンス サクラバクシンオー×マルハチリプリー 1,920,000
2017/2/9 アンゲルス ダイワメジャー×ポニーガール 560,000
2017/2/9 ダイヤモンドリボン ファルブラヴ×シーキングザスター 770,000
2017/2/9 パリファッション フレンチデピュティ×ミークレイチェル 1,020,000
2017/2/9 メジャーステップ ダイワメジャー×キャッチータイトル 2,130,000
2017/2/16 ゴールデンスランバ バゴ×ゴールデンハピネス 760,000
2017/2/16 チャロレイ クロフネ×ナムラフェアリ 1,090,000
2017/2/16 ベルヴィサージュ クロフネ×ハギノハーセルフ 710,000
2017/2/16 ロジカロン ネオユニヴァース×カロンセギュール 1,250,000
2017/2/16 ミスタービン ヴァーミリアン×スヴレッタ 1,090,000
2017/2/16 ナスタイザン バゴ×テンザンオペラ 660,000
2017/2/16 コスモカレント ブラックタイド×マイディアガビー 970,000
2017/2/16 バトルクウ ケイムホーム×シリウストウショウ 680,000
2017/2/16 ピンクノミーナ ダイワメジャー×ペイパーチェイン 1,030,000
2017/2/16 マイネルカロン サウスヴィグラス×ゴールデンベティー 740,000
2017/2/16 コスモミュート ステイゴールド×ラヴリードリーム 790,000
2017/2/16 レッドジェイド シンボリクリスエス×レリックレーヌ 800,000
2017/2/16 ギンパリ ケイムホーム×ニューメロディ 980,000
2017/2/16 コスモツケマ リンカーン×ロングアイラッシュ 1,320,000
2017/2/16 マイネルマーク ロージズインメイ×タカラカンナ 1,140,000
2017/2/23 ゲルトルート メイショウサムソン×フロールデセレッソ 670,000
2017/2/23 アーストラベラー メイショウボーラー×ジュンラグラス 810,000
2017/2/23 エイシンニバリキ アドマイヤマックス×エーシンマンターナ 930,000
2017/2/23 カンジャンテ ゼンノロブロイ×マニエラ 1,130,000
2017/2/23 ウインシェリー ステイゴールド×シアーリーズン 460,000
2017/2/23 デッドポイント ケイムホーム×ソルティレージュ 1,530,000
2017/2/23 ピーストライアンフ カンパニー×ロジディオン 1,010,000
2017/2/23 エターナルユース クロフネ×アマランス 880,000
2017/2/23 マイネルシェルト ディープインパクト×パツィエンザ 1,400,000
2017/2/23 ロジテースト ダイワメジャー×ジャッキーテースト 2,570,000

意外と多いですね2月の出品馬、全部で48頭です。すべて競走馬出品のみをひろっています。データの作成上、新馬が拾えていないかもしれませんが、新馬なんて滅多に出てこないので気にしないで行きましょう。では続いて2月開催トップ3のオークション出品時コメント、その後の戦績です。

馬名 落札価格 サラブレッドオークション出品時コメント 落札後戦績
スマートエビデンス 1,920,000 父サクラバクシンオーの遺伝子を受け継いだ生粋の短距離馬で、JRAで挙げた3勝は全て1200m以下でのもの。特に3勝目を挙げた新潟1000m戦では、後続を5馬身突き放す圧勝劇を演じ、他馬とのスピードの違いを見せつけました。2勝目の小倉ダート1000m戦も重馬場とはいえ57秒7の勝ち時計は出色。短距離なら芝ダート問わないマルチな活躍ぶりで、JRA時代は3300万円あまりの賞金を獲得しました。 南関東へ移籍後の2戦は結果が出ていませんが、息遣いが悪く、内視鏡検査はおこなっていないものの、ノド鳴りの可能性があります。その他、特に気になる疾病や悪癖はございませんが、記載事項に関するキャンセルには応じられません。現状渡しのノークレーム、ノーリターンでお願いいたします。不安がある方は現地で獣医検査を受けてからの入札をお勧めいたします。 【本馬についての現状説明】 馬っぷりが良くて見栄えがする…というのが本馬の第一印象です。普段はおとなしくて扱いやすいのですが、攻め馬では元気があり過ぎて引っ掛かることがあります。内視鏡検査はしていないものの、もしかしたらノド鳴りかもしれません。ただ、中央でも通用していたようにテンのスピードは文句なし。走る気は十分なのに多少空回りしている面がありますが、スムーズに流れに乗って自分の形に持ち込めればまだまだやれるはずです。 (船橋競馬・川島正一調教師) ※本馬は南関東4競馬場への転入が可能です。 2017年8月末 8戦0勝(園田) 獲得賞金 90万円
メジャーステップ 2,130,000 2歳9月の中山・芝1600m戦でデビューし10着の後、3戦めの12月の中山・ダート1800m戦で初勝利を挙げました。4歳3月の中山・ダート1800m戦で2勝めを飾り、その後降級した4歳7月の函館・ダート1700m戦で3勝めを挙げました。 1000万下クラスでは芝の長距離を中心に出走していましたが、調教でうるさい素振りを顕著にみせるようになり、5歳2月に去勢手術を行いました。去勢により調教はこなしてくれるようになりましたが、3戦して結果を出すことができませんでした。 また、以前よりノドの音が鳴るため、JRAの獣医師による走行中に調べることができるノドの検査を行ったところ、トップスピードになると吸入面で支障があるとのことから、5歳10月にノドの手術を行っています。その他、特に気になる疾病や悪癖はございませんが、記載事項に関するキャンセルには応じられません。現状渡しのノークレーム、ノーリターンでお願いいたします。不安がある方は現地で獣医検査を受けてからの入札をお勧めいたします。 その後、2戦しましたが、先頭に立たないと途中で競馬をやめてしまうところがあり、成績が奮わないことから、中央競馬を抹消して、オークションに出品することにしました。 本馬は一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズに優勝し最優秀2歳牝馬に輝き、昨年もNHKマイルカップを制したメジャーエンブレムの全兄という良血馬で、中央競馬で3勝している実績がありますので、新天地での活躍に期待いたします。 ※本馬は2016年10月(5歳時)に喉頭片麻痺による喘鳴症を発症し、手術(喉頭形成術)を行っています。 ※本馬は2016年2月(5歳時)に去勢手術を行っています。 ※本馬は南関東4競馬場への転入が可能です。 2017年8月末 6戦0勝(浦和) 獲得賞金 0万円
ロジテースト 2,570,000 JRAで3勝を挙げてオープンまで出世したグレイスフラワーを筆頭に、プレミアムテースト、サトノフェアリー、レジェと、きょうだいのほとんどがJRAで勝ち上がっている堅実無比の血統。近親にはアメリカで重賞6勝を挙げ、1998年のジャパンCで来日してエルコンドルパサーの5着と健闘したマックスジーン、昨年の平和賞3着馬マルヒロナッツオー、現在もJRAオープンで活躍中のフェスティヴイェルなど活躍馬が多数いる活気に溢れた血統です。 本馬は2012年セレクトセール・サラブレッド1歳セッションにて4,515万円という高額で落札され、2013年10月に東京競馬場でデビュー。現在オープンで活躍中のバンズームやマドリードカフェ以下を豪快に差し切って新馬勝ちを収めています。その後は1勝を上積みするにとどまったものの、芝ダートを問わずコンスタントに走って22戦のキャリアを積み上げました。 現在は千葉県市原市の大東牧場内Tomorrow Farmに在厩中で、馬体重は474kg。ダートコースでキャンター3000m、週一回は600mの坂路で15-15の時計消化をおこなっていましたが、オークション出品決定後は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。馬体はまだ若々しく、脚部不安とは無縁の健康体。キッカケひとつで、クラシック候補と目されたデビュー当初の輝きを取り戻す可能性は十二分にあるでしょう。 ※本馬は南関東4競馬場への転入が可能です。 2017年8月末 7戦1勝(高知)獲得賞金 71万円

馬ってつくづく難しいですね。まだまだこれからかもしれませんが、現状落札価格と比較すると軒並み苦戦です。意外と地方馬が強いのか、それとも中央で走る気をなくした馬の再生は難しいのか。。どうなんでしょうね、実力的には十二分にやれそうな馬ばかりだと思うんですが。難しい。。